駒場レポート2014-03-23

カテゴリー: スタッフブログ | 辻川和久 | コメントをどうぞ

今日は、日中は暖かかったですねえ!心なしか歩いている人の数が多かったような気がしました。今回は井の頭線の駒場東大前に行ってきました。トキオランディックスの販売エリアとしては少し違うのですが、縁あってお預かりする事になりました。

物件の調査とそのついでといっては何ですが、少し散策しましたら又、面白いものを見つけました。ケヤキの木に掛けてある名札の針金の部分が木に取り込まれてました。

木に取り込まれた名札

拡大写真

木の成長に対応できるようにバネの先に名札が付けてあるのにも感心したのですがそんな人間の思いも空しく、そんなの関係ないとばかりに木は成長してるのでした。

この辺は結構大きな木があちこちとあるようです。それもそのはず、八代将軍吉宗がこの辺りにタカ狩りに来ていた場所だそうです。その時に乗ってきた馬(駒)を休ませる場所という意味で駒場と名前がついたようです。 丸の内からこんなところまで来てたのかと思うと何とも言えない気になります。

こんなのもありました。鷹狩りの将軍が休憩した御用屋敷という立札があったのですが「どこにあったのですか?」という感じです。

〆切地蔵

最後は、淡島通り沿いの駒場野公園入り口脇のお地蔵さんです。説明書きによりますと〆切地蔵といいまして、その昔隣村で悪病が発生して大勢の人が亡くなったそうです。驚いた駒場の村人がこのお地蔵様に祈ったところ誰も病気にかからなかったそうです。以来この名前がついたそうで、今も駒場の人たちに大事にされているのがわかりました。少し気になったのですが真直ぐ写したつもりのお地蔵様が斜めに映ったのは私の気のせいでしょうか・・・ざっと駒場の物件調査のついでの2時間ほどのお散歩でした。駒場の物件についてご興味ある方は、もうじきホームページ等で発表しますのでお楽しみにしてください。

では次回までSee You Soon